2014 8月 : BONJOUR-WEBLOG! : CERAMIC ART LABORATRY, FAMILY CLASSROOM -- ボンジュール・ブログ!

ボンジュール陶芸研究所 主宰作品

ボンジュール陶芸研究所・ボンジュールファミリー教室から、陶芸の豆知識や体験教室、各教室情報などをお届けします

絵画教室(子どもクラス)で版画にチャレンジ!

絵画教室で版画の制作に取り組まれました。

hanga1
途中経過。掘りながら、刷りながら・・・。

hanga
完成!!

☆谷口先生のコメント

一枚の版木から、彫刻刀とえのぐで描いていく過程を楽しみました。初めての作品とは思えないできばえです。

一版多色刷りの木版画。小5で初めての作品です。彫る、刷るの繰り返しで力強い一枚ができました。

 

 

絵画教室は現在、第2・4土曜日の10時~12時に開講しております。体験もできますので、ぜひ、ご参加ください!

 

 

Filed under: 絵画 — 2014/8/27 水曜日 bonjour @ 20:20:25

木曜日クラスの挑戦!

木曜日クラス担当のA先生作カリキュラムその1
「ロクロで壺の形を作り、二つに切って作る鉢」制作にチャレンジ!
7月に焼きあがりましたので、紹介します。

☆今回のねらい
目的の形をロクロで作って完成という一般のパターンで終わらせず、別の手を加えて新たな形、用途のものを作る発想がわきます。

☆作り方
ロクロで壺の形を作り、思い切って二つに切り、足をつけてみましょう。

焼きあがり作品
kari

挑戦した会員様の感想
「自分にしか作ることができないおもしろい形でオリジナルの喜びを感じました。どのように出来上がるか楽しみでした。また、生活の中でホッと落ち着いた時、スイーツなどを入れてお茶の時間を楽しみたいと思います。」65歳女性

「提示されたカリキュラムを全員で体験するのは初めてのことであり、新鮮でした。出来上がりも個々のらしさがあって、同じ課題でもこんなに違うんだ・・・って。おもしろいです。」55歳女性

「長く教室に通っていますがカリキュラムを組み、みんなが同じ作品に挑戦したのは初めての体験でした。今回の、ロクロで壺を作り切るということはこれまでも経験していたので、次回の課題が楽しみです。」60代女性

「課題を決めて、みんなで同じ作品を作るという作業は初めてのことでした。壺はこれまでも作ったことはあるのですが、口をつぼめることが難しくてなかなか小さくなりません。何度も手をかけてしまうと、水が回ってきてだんだんと土が下がってきます。出来上がった壺を二つに切って、それに三つの足をつけて鉢を作ったのですが、思っていた以上に底付近が分厚くなっており、同じ厚さにするのに時間がかかってしまいました。今回の反省点です。」Tさん

事務局TAMURAより・・・
カリキュラムを今年に入ってすぐにとりかかってくださったA先生、会員の皆様、おつかれさまでした。A先生の「新しいことに挑戦しよう!」という情熱で、ステキな作品が誕生するきっかけになったこと、そして、新たな気づきが今後の制作へつながることがうれしいです。次回も楽しみにしております!!

Filed under: 陶芸,陶芸一般 — bonjour @ 14:55:37
BONJOUR CERAMIC ART LAVORATORY