研究科体験レポート

ボンジュール陶芸研究所 主宰作品

筒ゆのみ1000個挽き達成!! 土曜日 研究科 藤原華苗様

研究科会員 藤原華苗さま

期間

2006年11月23日 〜 2007年12月25日

2006年11月25日 〜 2007年3月末まで 菊練り 土殺し

2007年4月7日 〜 筒ゆのみカウントスタート

動機

陶芸歴8年、ろくろが苦手で、つまづく度に手びねりに逃げていた日々・・・。一般コースから研究科に移り、ロクロをしっかりと学ぶことを決意する。基本をしっかり身に付けて、今後の可能性を拡げるために筒ゆのみ1000個挽きに挑戦!!

気をつけたこと

  • 1000個を目指しつつ、ロクロの前では、数にとらわれず、1つ1つ丁寧に挽くこと。
  • 漠然と挽くのではなく、その都度テーマを持って取り組む。
  • 1日の終わりに切り糸で断面を確認して弱点や今後の課題を自覚する。
  • 焦らず根気よく続ける
  • 悩みや疑問は先生からのアドバイスを頂くなどして早めに解消し学び多き、質の高い1000個を目指す。

1000個達成の感想

土をはさんで上げるだけ、と一見シンプルなことがとても難しかったです。

ろくろ挽きされた筒ゆのみ

筒ゆのみ1つの中に、たくさんの課題があって、しばらくは頭で考えてばかりで心身統一や土と心と身体の一体感を得るには ほど遠い日々が続きました。

いびつで不完全でありながらも、わずかな上達を積み重ねているうちに、700個を過ぎた頃からやっと理想とする筒ゆのみを形づくれるようになりました。

その後、少しずつ自然体に近づき、心身統一の状態で、リズムよく挽ける感覚を得られるようになり、気がつくと苦手だったロクロが楽しいものに変わっていました。

筒ゆのみ1000個を挽いた感想・・・それは1000個では足りない!!です。

1000個を達成したからこそ 出会える新たな課題やテーマに感謝して今後も学び続けたいと思います。先生方をはじめ、研究科の仲間や周りの人たちに応援して頂きとても励みになりました。ありがとうございました。